膀胱炎クラビット

膀胱炎になってクラビットで治しました

寒い日が続く為かトイレに行く回数が増えてしまうので、トイレに行く回数を我慢して水分を摂る量も減らしていた数日間、次第に排尿痛が出てきて排尿した後も残尿感が残るようになり、尿が濁っていると気づいて慌てて病院に診察に行きました。
診察の結果は、膀胱に炎症を起こしていたようで医師から膀胱炎の診断が出て、クラビットが、1日1回の内服で5日分処方されました。
薬局の薬剤師から説明を受け、クラビットは、細菌を殺す働きを持つそうで、抗菌力が強くていろいろな細菌に有効とのことで膀胱炎などの病気に処方されるそうです。
このクラビットを内服して私にとって内服の飲みにくさもなく1日1回の内服は助かりましたが、膀胱炎の症状の回復は、すぐにとはなかなか言えませんが数日かかったと思います。
でも、その間に症状が悪化することもなく次第に1週間程度で膀胱炎症状が治まったと思いました。
また、水分を普段より多めに摂り、排尿を促した事とこのクラビットの内服を併用したおかげかもしれません。
副作用は、吐き気・下痢・腹痛・腹部不快感・発疹・頭痛などがあるようですが、私には特に副作用といった症状はなかったです。
抗生物質なので菌の種類によって効くか効かないかとあると思いますが、クラビットは幅が広い薬だと思うので、しっかりと用法容量を守ればしっかり効果は得られるのではないかと思いました。
また、処方されるのも医師の診断結果だと思うので自分にあった薬を相談しながら処方してもらえればよいと思いました。
結果、私にとってクラビットは効果があった薬でした。

 

【参考記事】:クラビットを通販で最安値で買う方法

 

クラビットとは

 

クラビットは、細菌を殺菌する薬です。

 

細菌が原因の様々な病気に用います。

 

細菌のDNAの複製を妨げることで、殺菌的に作用します。

 

てんかんなどけいれん性の病気や重い心臓病などがある人は、慎重に用いるようにしてください。

 

また、腎臓病のある人や高齢の人には副作用が出やすいので、配慮が必要となります。

 

使用の際は、指示された期間きちんと飲み続けてください。

 

症状によって少し長めになるかもしれませんが、自分だけの判断でやめてしまうと再発したり治りにくくなる恐れがあります。

 

さらに、まれなケースではありますが、精神変調や意識障害を起こすこともあります。

 

適応症は、リンパ節炎や咽頭炎、肺炎や膀胱炎、腸チフスやコレラ、中耳炎やペストなど幅広いです。

 

副作用は少ないほうですが、もちろん無いわけではありません。

 

もし発疹が出たり下痢が続く場合は病院に行ってください。

 

その他にも、日光に当たって皮膚が赤くなったりすることもあるので、皮膚が弱い人は直射日光に当たらないようにしてください。

 

重い副作用はほとんどありませんが、特異な副作用として、けいれんとアキレス腱障害があります。

 

低血糖も報告されていますので、高齢の人や腎臓が悪い人は注意してください。

 

重い副作用は他にも、アナフィラキシーショックや皮膚・粘膜障害、不整脈や肺障害、大腸炎や幻覚・錯乱などがあります。

 

他の副作用としては、軟便や吐き気、めまいや眠気があります。

 

おかしいなと思った際は、すぐに病院に行ってください。

このページの先頭へ戻る